連載コーナー

活力と賑わいのある街づくり〜和泉商工会議所〜

Pocket

『活力と賑わいのある街づくり』

昨年11月に和泉商工会議所の会頭に就任された山本氏にお話をうかがいました。

会頭   山本 恭弘


和泉商工会議所新会館 (和泉市テクノステージ3丁目) 平成25年4月に移転

和泉商工会議所の主な事業は、和泉市内の中小企業者に対し、金融・労務・税務・販路開拓等、経営全般にわたって経営上の様々な課題について、きめ細かく相談に応じ支援を行うことです。また、新規創業の支援や各種補助金申請などの他、海外から共同買付事業や振興事業としてビジネス交流会の開催や商談会への出展支援等も行っています。

和泉市商工まつり(池上曽根史跡公園・和泉市池上町)で開催。

特に市民の皆様に馴染みがあるのは、毎年10月下旬に開催している「和泉市商工まつり」だと思います。会場では地場産品の卸売りや地元企業の様々なブースが出展され、本市の魅力を市内外の皆様に発信できる一大イベントとなっています。(本年度の開催日:10月21日、22日)

地域活性化プロジェクト始動

 現在、新たに「木楽座ストリート」という地域活性化プロジェクトが動き始めました。これは、和泉市商店連合会が和泉市や和泉商工会議所のバックアップのもと、市内10ヶ所目の商店街を立ち上げようというものです。

 この木楽座ストリートは市内を南北につなぐ和泉中央線(長さ5㎞)につくられ、「木」はフォレストエリア(はつが野から石尾道付近)、「楽」はセントラルエリア(和泉中央駅周辺)、「座」はソウルエリア(観音寺からJR和泉府中駅周辺)と3つの特色あるエリアに分けられます。既に100店舗以上が賛同しており、新たなストリートとして和泉市一番の目抜き通りになればと期待しています。魅力あふれるお店が多く集まり、多くの人々が行き交う活気あるストリートにしていきたいと思っています。

 また、「商工会議所」としては人・産業・お金を流出させることなく、外部から取り込んで稼ぐという商売繁盛に繫がるお手伝いをしたいと考えています。

(2017年8月24号)