医療・健康ガイド

『患者さんに寄り添った診察』をモットーに/高石藤井病院

Pocket

9月より腎臓内科に赴任された井上先生にお話しを伺いました

 平成21年に京都府立医科大学を卒業し、6年間の内科医の研修後、腎臓内科医として兵庫、奈良、京都の病院に勤務していました。当院では、腎臓病初期の精査検査から、透析に至るまで腎臓病をトータルにケアしています。また、腎臓の病気は、糖尿病や心疾患、高血圧など多くの病気と関係性があるため、診療では腎臓病だけでなく全身を診ることを心がけています。

 腎臓病は薬剤の他、生活習慣の改善や食事療法など多くの治療法があります。そのため、患者さんだけでなく家族の方にも理解し協力して頂けるよう、わかりやすく説明し、それぞれ個々の患者さんにとって最良の治療法を選択していきたいと思っています。

地域包括ケア病棟について

 地域包括ケア病棟とは、急性期治療を経過し、病状が安定した患者様に対して、在宅や介護施設への復帰支援に向けた医療や支援を行う病棟です。本来は、一般病棟で病状が安定すると、早期に退院して頂くこととなりますが、在宅での療養に不安があり、もう少しの入院治療で社会復帰できる患者様の為に高石藤井病院では「地域包括ケア病棟」を準備しております。

入院期間60日間が限度となりますが、期間内に安心して退院できるように医師、看護師、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカーが在宅復帰に向けて支援をさせていただきます。

【2017年10月5日号】


医療法人 良秀会 高石藤井病院
腎臓内科 
医師 井上 貴文

高石市綾園1-14-25 ☎072-262-5335
http://ryoshukai.or.jp