医療・健康ガイド

【眼科】白内障

Pocket

最近、白内障手術を受けました。受けたところで視力は改善していると言われていますが、眩しくてあまりよく見えません。 (和泉市72歳女性)     

白内障は水晶体が混濁し光の透過率が落ちるため視力が落ちる病気です。手術は濁った水晶体を超音波で細かく砕いて取り除き、その代わりに人工水晶体(眼内レンズ)を眼の中に挿入します。眼の中には多くの光が入り色が鮮明に感じられますが、ただその鮮明さがゆえに眩しくて、逆に見づらいと感じられる方もおられます。その場合はサングラスが有効ですが、濃い色でないと十分に眩しさを抑えることができず、濃い色のレンズに抵抗を感じる方も多いようです。眩しさの主な原因である短波長の光を効率良くカットできる遮光グラスを使うと薄い色のレンズで眩しさを軽減でき、落ち着いた見え方になります。一度遮光グラスを試されては如何ですか?

【2018年2月1日号】

dr_sakai
さかい眼科 院長 酒井 亮一
大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-23 ☎0725(20)3103
http://www.myclinic.ne.jp/sakai_cl/