医療・健康ガイド

【皮膚科・形成外科】気になるほくろ、シミ

Pocket

 ほくろ、シミなどの色素性病変を診断して治療します。色のある物”できもの“は目立ちますよね!もちろん、出っ張ったものも目立ちますが、色素性病変は治療法が多岐に渉ります。

 老人性色素斑という名のシミは、表皮層だけに色素があるのでQスイッチレーザーで剥がせます。またハイドロキノンを数ヶ月使えば、単独でも併用でも効果はあります。シミに角質が堆積して脂漏性角化症になったら、炭酸ガスレーザーで削り取ります。

 ほくろは加齢と共に増えて決して減りません。母斑細胞は増殖しますから、小さいうちに取った方がキレイに早く治ります。直径3ミリ以下なら炭酸ガスレーザーで可能です。そして大きくなったら切除縫合法が適切です。

【2018年4月1日号】

dr_morikawa
形成外科学会専門医 森川 一彦

いけだクリニック皮膚科・形成外科
大阪府和泉市葛の葉町60-11  ☎0725-44-4481

★この新聞やホームページで最新の詳しい医療情報を流しています。是非ご覧下さい。
http://www.medicalkiss.com/