医療・健康ガイド

【眼科】緑内障の発作

Pocket

2〜3年前に左眼の黄斑円孔になり、視力が0.1ぐらいです。現在は眼底が落ち着いているといわれていますが、今度右眼が同じ病気にならないか心配です。どうしたらいいでしょうか?
(和泉市71歳主婦)

眼の光を感じる膜を網膜と呼んでいますが、その中でも一番大切な部分を黄斑部という特別の名前を付けています。黄斑円孔とは黄斑部に病変がおこり、小さな網膜の孔ができ、やがて拡大して網膜に丸い穴ができる病気です。視力は症状によって様々ですが、0.1前後の方が多いようです。治療法は手術ですが、年齢・穴の大きさ・手術時の視力・経過時間により術後の視力は変わってきます。残念ながらこの病気は両眼になる事も多いので、良い方の眼の診察も非常に大切です。当院でも、多くの黄斑円孔の方がおられ、最新のOCT(三次元画像解析装置)にて診察しています。この機械は、眼のMRIのような器械で、今まで見る事の出来なかった網膜の細かな病変を写す事ができ、適切に使用することでさらに精度の高い診断・治療が可能です。

一度主治医と相談されてはいかがですか?

【2018年4月1日号】

dr_sakai

さかい眼科 院長 酒井 亮一
大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-23 ☎0725(20)3103
http://www.myclinic.ne.jp/sakai_cl/